運動嫌い、食事制限が嫌いなら、食べ方に気を付けよう

年齢を重ねていくとともに代謝が落ちてくるからか、別段太ってきたわけではないのに、体重が右肩上がりで増え続け、お肉の付く場所が変わって来たなと感じたり、昔着ていた洋服が着れない、あるいは着れても何となくシルエットが違う、窮屈そうだな、と感じる女性って多いと思います。

 

私もその一人で、もともとやせ形で現在も50を目前にしている割には決して太っているわけではありませんが、それでも何となく身体がすっきりしないという悩みを抱えていました。この年齢になれば当然、ホルモンバランスの崩れや更年期症状があってしかりなのですが、やっぱり体重が増え続けるのも健康上良くないので、太りにくい食生活はどんなものか、ということを真剣に考え実践しています。

 

これを実践してからは、体重が増えると言っても1キロ程度でキープしています。1キロや2キロは水分、つまりむくみで上下すると思うので、それほど気にはしないようにしており、身体のことも考えて出来る限り水分を摂るように意識し、トイレの回数も気にかけています。

 

私の場合朝起きて歯を磨いた後に体重計に乗る習慣をつけていて、この時の数字で晩御飯時の炭水化物の量を加減するようにしています。朝、昼は炭水化物も摂りますが、夜、と言っても我が家は夕食の時間が早く5時から6時には食べるのですが、この時炭水化物は少なめにしています。

 

私は毎晩お酒も飲むので、その分のカロリーも考えて、ご飯は少なめを心がけています。お酒は発泡酒、スタイルフリーという機能系ビールで、食事中はスタイルフリーを飲みその後はウィスキーのハイボールです。おつまみをバクバク食べなければお酒自体のカロリーはそれほどないので、適量を考えて1日頑張ったご褒美としてアルコールを楽しんでいます。

 

あと気を付けていることは、一番に野菜を食べること、寝る3時間くらいからは食べないこと、運動しない分家事でこまめに動き回ることくらいですね。